「1日の時間」 オリコンについて思う。

2012/11/19

2012年のオリコン年間シングルランキングがAKBとジャニーズで独占みたいな事が書かれていました。
何年か前から同じような状態だったと思いますが、なぜCDが売れなくなったのでしょうか?
単純に音楽CDをたくさん買う年代の人口が減ったという事もあると思います。
僕も20代前半は1年に10万円くらいは音楽CDに費やしていましたが、今ではせいぜい1万円くらい。
しかしそんなことよりも、1日の間に音楽を聞く時間が減ったことや、あっても何かのついででしか無くなったというのが大きいのだと思います。
以前サイゼリヤだったか、すかいらーくだったか外食チェーンの社長がテレビで「一番のライバルはスーパーマーケット」だと言っていました。
外で食べようが家で食べようがご飯を食べる回数はだいたい決まっているから。
同様に人の1日の時間を使うという市場だったら。
音楽を生業としている人は、携帯ゲームやYoutubeやSNSなどの超巨大なライバルが突然増えた事になります。
自分が当事者だったらブルブルします。
言い方は悪いですが、時間の浪費と音楽は同じ土俵にいて優先順位も低い。
時間のデフレ状態です。
そんな中、身の回りの製品は、本当に必要なものには質を求めるようになってきています。
音楽を作る人は本質に立ち返り、質の良い時間を提供する、心に響く音楽を作る。
そうすれば必ずまた音楽を聞く人は増えていくものと思います。