「長所を知って体現できているか」

2013/01/21

撮りためていた「美の巨人たち」を見て感じたこと。
・葛飾北斎 富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」
・ルノワール 「浴女たち」
全く違う2つの絵を立て続けに見たので、
他のものでも日本と欧米を対比したくなりました。
偶像
PietC3A020in20St20Peters.jpg
Dsc_7530_m.jpg

20070830_105616_1t2_wp.jpg
c662ab7dac466ca08f85a5d8170de92d.jpg
戦士
6a00c2252b5e31549d00d41446fc053c7f.jpg
img_1169440_22696736_3.jpg
対比してみると、何となくこんな美観の違いがあるように思います。
欧米
形状:立体的 
空間:パース 
存在:圧倒的
日本
形状:平面的
空間:レイヤー
存在:潜在的
上の日本の3つ写真は、日本が世界に誇れるものだと思いますし、外国からの評価も高いものです。
ところが昨年末決まった国立競技場のデザイン案を見ていると、
自分達の長所って何なのかと考えることをしていないように思えませんか?
OB-VJ277_hadid1_G_20121115065740.jpg
ドバイとかにありそうですよね。
残念なニュースでした。
個人的にはもっと良い案があるように思いますが。
20121031184546.jpg
20121031184545.jpg
20121031184550.jpg