「梅田に出来た光と影」

2013/04/29

先週FOUND MUJI KOBEのご縁で梅田に出来たグランフロントの無印良品オープニングイベントみたいなやつに行って来ました。
それまでは、そういえば大きなビルが出来てるなという程度で大阪駅を使っていたぐらいです。
そんな気分で、ちょっと人を集めてイベントやるらしいので行ってみようかと軽く見ていたら、来場者数はとんでもない人の数。
そんなに話題になっていたのかと改めて驚きました。
施設自体も今まで大阪になかったような規模と雰囲気。
これには行政のやる気もビリビリ伝わって来ましたし、大阪が変わるなと期待も膨らみます。
個人的にはナレッジキャピタルがとても楽しみです。
ところで、FOUD MUJI KOBEのゼミでは、神戸についてディスカッションしていく機会が多くあります。
僕達県外の人間からすれば、神戸にはいろんな場所があるけれど、総じてお洒落な街という印象を持っています。
北摂で育った僕は、学生の頃から服を買いに行く場所といえば神戸でした。
ところが地元で生まれ育った人達にはあまりそういった意識は無いようです。
ずっとそこに住んでいる人からすれば、毎日街のお洒落なカフェや服屋に行っているわけではないので、考えてみれば当たり前のことですね。
中にいる人の認識と外の人の認識の違いはどんな場面でも起こる事です。
しかし、大阪という地域に対する印象に限って言えば、中の人の認識と外の人の認識は大体合っていると思います。
(良くも悪くも)
そこが大阪らしいところ言えなくもありません。
グランフロントは大阪がイノベーション都市として世界に発信していくイノベーションハブ構想の拠点です。
外国の人が見ても凄いと思うような一大拠点にしていくのだと思います。
そんな大阪らしくないグランフロントに期待が膨らみながらも、失っていくものの寂しさも同時に感じた複雑なレセプションでした。
グランフロントのすぐ北側にある中津商店街
2012042905.jpg
梅田の隣とは思えない佇まい
2012042906.jpg
寝かけ婆さんが店番をする荒物屋さん
2012042907.jpg
酒屋さんといえば醤油を売っているところでした。
2012042908.jpg
僕はこういうディープスポットのほうが好きですね。
グランフロント北館
2012042901.jpg
内見会とはいえ、すごい人の数
2012042902.jpg
無印良品の前
2012042903.jpg
レセプション風景
2012042904.jpg