「セレモニー」

2014/08/25

お盆いっぱい引っ越し作業をして先週は9月の展示会に向けての詰めの作業。
そして春夏発表の企画の大詰めを迎える中、
この土日は恒例の鈴鹿サーキットでの自転車レース。
(見たことないような豪雨でレース自体は中止になりましたが)
なんとか一区切り付きそうで付いていない8月の最終週を迎え、
やっと移転案内の発送準備というところで気が付けば今年も残り1/3になりました。

そんな慌ただしい中で開業してから2年を迎えることが出来てほっとしています。
クライアントがゼロの状態で独立し1年持つかどうか分からないダメ元の状態だったので、
今を迎えることが出来た事は本当にありがたいことです。

ところで、歳をとると時間が早く過ぎる感じがするといいます。
会社員時代の方が数倍忙しかったですが、特に独立してからはそう感じます。

例えば会社員時代は年度明けに決算発表があり、
前年度の自分達の事業の結果が分かりました。
人事考課ではお給料が上がったり、
前年の自分の仕事についてレビューをもらったり。
一般的には年始の初出式や社員総会。
今はかなり減りましたが昔ながらの忘年会もまだまだあるようです。

当たり前ですが、独立するとそういったセレモニーが一切無くなります。
人事異動も学校のような席替えのドキドキ感もありません。
頭で分かっていても初めて自分の事業として未来を考えた時に、
嫌いだったセレモニーの重要性が実感できた気がします。

そのような区切りが無くなり時間が経つ実感が薄れると、
昨年も今年もあまり変わりが無いという感覚になりますし、
そんな感覚になると来年も恐らくそう変わりないのだろうと思います。

その為だけではありませんが、そうならないように、
これからも常に前を向いた動きを自発的にやり続けようと思います。

2014082502
移転案内 順次発送してきます。

2014082501
ようやく片付きました。

2014082503
鈴鹿サーキット レースは中止になりましたが翌日は晴れて試走ができました。