「その場の雰囲気」

2014/09/29

本日はネタ切れにつき、また蚤の市で買ってきたものをご紹介。

フラット社のシャーレ
コースター代わりに使っています。
20140512B003

一見マクドナルドの朝マックのマフィンに見えますが、図面などの文鎮。
内田洋行のもので、懐かしいです。
事務所がとても風通しが良いので、即戦力で活躍しています。
20140512B000

アルミの小物入れ。
お弁当を入れるものではありませんが、金属の固定具はやっぱり信頼性抜群ですね。
何を入れるか思案中です。
20140512B001

こちらは京都のオープン工業社のメカニカルカウンタ。
何に使うか思案するまでも無く、僕には何の役にも立ちません。
20140512B002

オープン工業の方とは以前お会いしたことがあるのですが、
こういうものも作られていたのですね。

こういったものを意味もなく買ってしまうのは、やっぱり蚤の市の場所の雰囲気。
上記の製品達はわざわざ蚤の市に行かなくてもその辺で買えるものばかり。
街のリサイクルショップなんかで見ても絶対に買いません。

ところで、最近は周りの多くの方が百貨店催事やポップアップショップのような
催しに参加するという話をよく耳にします。

良いものとはいえ、普通にお店に置いていても、なかなかキャッチされません。
買物する時にいつもどおりの品揃えだけではなく、
お店に行ったその日その時だけの特別感があるというのは
買物する側からするとやっぱり楽しいものですね。
その辺で必要な物を買うだけの無味乾燥な買物ではなく、それ自体がイベントです。

しかしどう考えても役に立たないものを買うのはやめましょう。