「舞台裏」

2014/12/22

先日、初めてCM撮影の立ち合いをしました。
場所は名村造船所跡地すぐ近くにあるスタジオウェアハウス
総勢30名近くの人員で、前日にセット組、当日は夜中の2時まで撮影というハードな日程でした。
大きなトラブルは無く無事に終わり、関係者の皆さまに本当に感謝です。

コンセプトメイキング、ブランディング、デザイン、開発からリリースまで、
プロダクトデザインのお仕事は商品開発の一から加わる事が多いのですが、
フェーズが進む毎に、当然関係する人達が増えていきます。
この過程が面白いのは、最初は落書きやアイデアや企画書レベルのものが、
進んでいく毎に製品が完成していき、販促物やWEBなども出来、
公に発表されると一人歩きを始めていくというように、
アイデアが商品へとだんだん成長していく姿が見られるからです。

最後の方は子離れしていく感覚にも近いと思います。
それから店頭で見た時は、社会に出た子どもを見るような気分かもしれませんね。

その中でも今回の撮影は、僕が経験した中でも一番大掛かりなもの。
関わる人や経由するフィルターが多いほど、ブランドの骨格・コンセプトというのは
とても大事だな改めて思いました。

20141222006
カメラマンさん

20141222005
映像さん

20141222009
照明さん

20141105000_R
監督、演出、スタイリストさんと某アートディレクター

20141222003
巨大な照明さん

20141222010
楽屋裏 僕はほとんどここにいました。

20141105001_R
そして真夜中の撤収。

どのような映像になるのか楽しみです。