Gotland sheep object “Marte”

/ GOTLAND DESIGN Sweden

  • 「ゴットランドシープを代表するようなアイコニックなオブジェ」


  •  世界遺産に指定された島、そして宮崎駿のアニメ「魔女の宅急便」の舞台の参考にもなった自然豊かなスウェーデンのゴットランド島。
  • そんなゴッドランド島に生息する希少性の高いゴットランドシープはシルクのような光沢とクリクリとした巻き毛が特徴。
  •  
  • ゴットランドのシープスキンは北欧では古くからインテリア用品として愛用されており、
  • スウェーデンでは、赤ちゃんの誕生に合わせて購入したり、誕生祝いに贈られたりしています。
  • ベビーベッド、ベビーカー、床に敷いてその上でちょっとお昼寝など、子育ての必需品です。
  • 赤ちゃんの成長後は、インテリア用品として、世代を越えて使われ続けます。


  • シープスキンを使ったオブジェのデザインの依頼を受けたとき、当初は羊の毛皮を使うだけでも十分羊のオブジェに成り得ると考えていましたが、
  • 普通の羊ではなく、”アイコニックな羊”を考えていくと、羊は巻き毛が生えていない脚にも特徴があるという事に思い当たりました。
  • あえて少し間の抜けたバランスの脚で愛嬌のある独特の雰囲気を表現しつつも、
  • ぬいぐるみのように可愛らしくなり過ぎず、オブジェとしてのデザインにこだわりました。

  • シープスキンの原反からクッションなどの四角形や円形のインテリア用品を作る際、どうしても端切れが出てしまいます。
  • たくさんの端切れを確認し、定量的に取れる端切れのサイズを調べ、オブジェ本体のサイズを算出しました。


  • Photo 1-6 : Ikuo Hiramatsu
  • Photo 7-10 : Atsuko Osaki
  • 撮影協力 : Clover sky

  • Sep / 2018